相続・遺言ブログ

2012年3月14日 水曜日

不在者財産管理人

去年、解決した事件だが

相続人の一人が数年前から行方不明で、相続手続きができずに困っているという相談があった。

数年前ということで、そのときに失踪宣告届を出していれば、その手続で、進めることもできたが、きちんとした失踪宣告届は出していなかった。

そこで、裁判所に、不在者財産管理人の選任の申立てを行った。

事情を説明して、親族を不在者財産管理人に選任してもらい、

選任されたあと、さらに、不在者財産管理人の権限外行為の許可を申し立てて、無事、相続手続きを行うことができました。